消費税の経過措置 電気料金等

いよいよ消費税率が来月から10%に上がります。

また延期されるかもしれないとの噂もありましたが、さすがにもう延期はありませんね。

 

 今回は必ずでてくる経過措置の論点を1つだけお話します。

それは事業を行う上で欠かせない水道光熱費です。

電気料金やガス料金で9/28から10/27の使用分の消費税率は何%でしょうか?

ちょっと迷うところですが、このように施工日(10/1)を跨ぐ水道光熱費は改正前の

8%の税率が適用されます。

では2か月に1度請求される水道光熱費はどのように取り扱われるでしょうか?

例えば9/28から11/28の水道料金はどうするか?

これも電気、ガスとプロセスは異なるものの8%が適用されます。

以上のように施工日を跨ぐ水道光熱費は8%を適用すればまず問題はないでしょう。

 

 消費税税率アップまで時間がありませんが基本的な論点はおさえておきましょう。

 

 (経過措置の説明資料 国税庁)

 http://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/kaisei/pdf/01.pdf

 

●本記事は内容を分かりやすくするため、敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。
 この記事の情報を利用される場合は必ず顧問税理士等の専門家にご相談ください。この情報を利用して生じたいかなる

 損害についても、当社は賠償責任を負いません。