立替交通費等の請求は源泉徴収が必要か?

皆さん、こんにちは。

このテーマも非常に質問が多いですね。

弁護士等の報酬の中に本来の報酬ではなく弁護士等が立て替えた旅費や宿泊料金が含めれているケースがあります。

本来の報酬ではないので源泉徴収すべきか否か迷うところです。

結論から言うと原則的には源泉徴収が必要となります。

旅費や宿泊費はサービスを提供するために必要な支出であって、それに見合う請求額は報酬の請求と大差ないとの考え方ではないかと思います。

但し例外的に報酬の支払者が交通機関等に直接支払い、その金額が通常必要であると認められる範囲内であれば源泉徴収する必要がありません(所得税基本通達204-4)。

なかなかこういうケースは少ないでしょうから、殆どの場合は源泉徴収が必要なのではないでしょうか。

 

●本記事は内容を分かりやすくするため、敢えて詳細な要件などは省略していることもございます。
 この記事の情報を利用される場合は必ず顧問税理士等の専門家にご相談ください。この情報を利用して生じたいかなる

 損害についても、当社は賠償責任を負いません。