税金はいらない?

 皆さんはMMTってご存知ですか?

最近話題になっているので知っている方も多いかもしれません。

簡単に言うとインフレにさえ気を付ければ国がいくら自国通貨建ての借金をしても問題ないという経済理論です。

日本でいえば円建ての国債をいくら発行しようが財政破綻することはないということですね。

考えてみれば国はいくらでも無尽蔵に円を作り出すことができますから、円建ての借金を返せなくなる

ということはありえません。だから行き過ぎたインフレにならない限りは国は借金をしてでも財政出動すべき

ということになる訳です。

 ここで1つ疑問なのが、じゃあ税金なんていらないんじゃないの?今はデフレなんだから大量に国債を発行して財源に充てればいいのではないか?ということですね。

 国が何かをやるときに「財源がどうするんだ」、「税収がこれだけしかないんだから足りないじゃないか」というような話がよく聞かれます。このような話は税金は財源確保のために徴収されるのが前提となっているように思います。しかしMMTでは税金は財源ではなく、物価調整のために徴収すると説明しています。従ってMMTによれば今のようなデフレ下では減税して国債をどんどん発行して財政出動すべし、ということになります。

 これが本当だとすると大変なことですよね。バブル崩壊から現在までやっていたことは何だったんだろう、ってことになってしまいます。見事に逆のことをやり続けていたのですから。

 でも個人的には理屈として筋が通っていて正しいように思います。

これからどうなっていくのでしょうか。

注目しています。